読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えこの視聴キロク

※注意※ ネタバレがあるかもしれない。自分の視聴キロク。

映画『メイズ・ランナー』

SFスリラー

前回記事から、間が空いてしまったけど、ボチボチ更新していきます。
ネタバレなしで、こういうの書くって難しいですね。

---

タイトル:

メイズ・ランナー(The Maze Runner)

 

お勧め度:

★★★☆☆

 

コメント:

シリーズものの第一弾。2作目から見てしまったので、順序が逆になってしまって残念な感じ。
2作目の「メイズ・ランナー 砂漠の迷宮」へ繋がってる部分もあるし、そんなにないかな?

途中、なんかスティーヴン・キングを思い起こさせるなーって部分があり、個人的にはちょっぴり残念でした。
----

 

下記、映画の概要です

---

タイトル:

メイズ・ランナー(The Maze Runner) :2009年10月21日

 

出演:

・トーマス [ ディラン・オブライエン]
・ギャリー[ ウィル・ポールター]
・テレサ[ カヤ・スコデラーリオ]
・ニュート[トーマス・ブローディ・サングスター]
・アルビー[ アムル・アミーン]
・ミンホ [ キー・ホン・リー]
・チャック [ ブレイク・クーパー]
・エヴァ・ペイジ [パトリシア・クラークソン]

 

あらすじ(Wikiより):

高い壁に囲まれた謎のエリアに放り出された、記憶を失った少年。壁の中では、彼と同じようにその壁の中に放り出された人たちがコミュニティを作って暮らしていた。そこには月に一度、生活物資とともに新しい「ランナー」が送り込まれてくる。ランナーたちは全員記憶を失っており、かろうじて自分の名前だけを思いだす。 壁は朝になると扉が開き、巨大な迷路(Maze)が現れる。夜になると扉はしまり、迷路はその構造を変化させ、同じ道は二度と出現しない。そして、扉が閉じる前に戻れなかったランナーの命の保証はない。 迷宮に隠された秘密とは。 そしてランナーたちの運命は― 。

----

 

主役のトーマス役の子、ジョシュ・デュアメルに似てると思ったのは、私だけでしょうか。

ジョシュ・デュアメル

クライムドラマ「ラスベガス」でカジノ監視チームのリーダー/ダニー・マッコイを演じたジョシュ・デュアメルは、エミー賞受賞作であるアニメーションでは声優を務めたことも。映画では「トランスフォーマー」シリーズや「ニューイヤーズ・イブ」、「家族はじめました」、「セイフヘイヴン」など多くの人気作に出演を果たしている。また、2015年以降も出演予定が多数ある人気俳優だ。
私生活では「ラスベガス」での共演をきっかけに、人気アーティストブラック・アイド・ピーズのファーギーと交際し、2009年に結婚。アメリカのピープル誌で「世界でもっとも美しい50人の男」にも選ばれている。