読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えこの視聴キロク

※注意※ ネタバレがあるかもしれない。自分の視聴キロク。

海外ドラマ『銃弾の副作用』

2015年に放送されて、シーズン1(全10話)で打ち切りとなったドラマ。

感想:★☆☆☆☆

 最初から最後まで、あんまり入り込めないドラマだった。
なんていうか、見ててイライラするの。役者さんがうまいのか、話しの展開にイライラするのか不明だったけど、そんなわけであまりお勧めできないドラマでした。

10話あるけど、微妙。。。

 

小ネタ・雑記

 奥さん役の「ベス・ リースグラフ」は、「レバレッジ~詐欺師たちの流儀」のメインキャストの一人で、大好きだった女優さんなので、見れて嬉しい。年も自分より1歳上なだけなので、妙な親近感があったのだけど、めちゃめちゃ多才と知って、恐れ多かったわ。ディレクター、プロカメラマン、プロデューサーだった。。。

 

概要(Wikiより)

タイトル;

銃弾の副作用(原題: Complications)

 

概要;

 医師としての使命の下に行った人命救助が不運を呼び、ギャング抗争の渦中に置かれることになってしまった主人公の救命医ジョン。ひとつの穴を埋めるために犯したひとつの偽りは、思わぬかたちで連鎖反応を生み出し、埋めれぬ穴をふさごうと、彼は苦悩を繰り返していく。医師であるがゆえのジョンの葛藤、人としての倫理観に迫りながら、止まらない負の連鎖は、どんどん取り返しのつかない事態へと発展していき…。

出演;

ジェイソン・オマラ

ジェシカ・ゾア

ベス・ リースグラフ

ローレン・ スタミール

DVD-Box

なし