読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えこの視聴キロク

※注意※ ネタバレがあるかもしれない。自分の視聴キロク。

海外ドラマ『23号室の小悪魔』

海外ドラマ シットコム

シーズン2で打ち切りになったドラマ

 

感想:★☆☆☆☆

これは、辛口になるかもしれないけど、本当にイマイチだった。
最初から最後までわけがわからず、やけに短いシーズン2だなーと思ったくらい。海外ドラマって、容赦ないから、視聴率が悪かったりすると、バチンと切っちゃうんだなーって実感。

主役のクリステン・リッターが、メッチャ美女って感じでストーリーが進むのだけど、そもそもそこに共感できなかった orz

 

小ネタ・雑記

『ドーソンズ・クリーク』で人気のあったジェームズ・ヴァン・ダー・ビークが本人役で登場してるけど、そもそも

ドーソンズ・クリークを知らなかったよ。。

ドーソンズ・クリーク

1998年の1月から2003年5月までアメリカで放送された青春テレビドラマ。全6シーズン。

 

これを知っていたら、もう少し楽しめたのかな?

カフェの店員役で登場のエリック・アンドレ、NYボンビーガールにも出てるんだけど、キャラが結構かぶってるかも(笑)

 

概要(Wikiより)

タイトル;

23号室の小悪魔(原題 Don't Trust the B---- in Apartment 23)

 

概要;
シリーズの主人公ジューンは、夢の仕事を求めてニューヨーク市に引越したが、その仕事が無くなってしまい、クロエという天才詐欺師で遊び人のすむアパートに同居する。二人は最初は仲がよくなかったが、クロエがジューンを騙そうとして裏目に出たことから、不思議な友情が芽生える。

 

出演;
クリステン・リッター
ドリーマ・ウォーカー
リザ・ラピア
マイケル・ブライクロック
エリック・アンドレ
ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク

 

DVD-Box

リリースされてない